【定款作成のポイント|会社設立のやり方】

会社の根本ルールブック

 

新会社の顧問税理士を探すならココ

 

定款とは?

定款とは、会社の目的・組織・活動など、会社のあり方に関する根本ルールを明記した書類です。

 

会社設立の時に作成し、公証人役場で認証を受け、会社登記の際に法務局に提出することが定められています。

 

定款の内容

定款には必ず記載しないといけない項目が5つあって、「絶対的記載事項」といいます。

 

絶対的記載事項に漏れがあると、公証人役場で定款が受理されません。

 

絶対的記載事項
  1. 会社の目的
  2. 商号
  3. 本店所在地
  4. 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
  5. 発起人の氏名または名称および住所

 

次に、記載しなくてもいいが、記載することで法的効力が生じる「相対的記載事項」があります。

 

逆に言うと、定款に書いておかないと法的効力は持たないことになります。

 

付け加えておきたいルールがないかよく調べて考えて、あれば相対的記載事項を入れましょう。

 

相対的記載事項
  • 現物出資
  • 財産引受
  • 設立費用
  • 設立時の取締役や監査役の氏名
  • 取締役会や会計参与・監査役などを置く旨
  • 役員の任期の伸長
  • 役員の責任の減免に関する定め
  • 株式総会の招集機関の短縮、など

 

最後に、記載する・しないを自由に決めてよい「任意的記載事項」があります。

 

相対的記載事項
  • 定時株主総会の招集時期
  • 取締役・監査役の数
  • 株主総会の議長
  • 事業年度に関する規定、など

 

定款の実際の書類作成上の注意点

定款の書式については、ひな形・サンプルが書籍やサイトで入手できるので、それを参考にしましょう。

 

細かいところもよく考えて、将来書き換える必要ができるだけ発生しないように注意しましょう。

 

例えば、会社の目的は、将来に事業展開が考えられるものは全部書いておくべきです。

 

でないと、定款にない新事業を始めるために定款の書き換えから始める必要が生じ、ムダな手間とお金がかかります。

 

逆に余計なことを書いて、それに縛られることがないようにも注意したいものです。

 

出来上がった定款は印刷・製本しますが、それに当たっての注意点も記しておきます。

 

定款の印刷・製本の注意点
  • 発起人全員が記名・押印すること
  • 同じものを3部作成すること
  • 耐久性のある紙を使うこと
  • 訂正がある場合に備えて、最終ページに発起人全員の捨て印(実印)を用意しておくこと

 

新会社の顧問税理士を探すならココ