【有限会社について|会社設立のやり方】

2006年の改正会社法施行で消滅

 

新会社の顧問税理士を探すならココ

 

有限会社とは?

有限会社とは、日本にかつてあった会社の形態のひとつです。

 

家族経営などの小規模の会社にメリットのある法制になっていました。

 

2006年の改正会社法施行以降は新設はできなくなりました。

 

その時点で存在していた有限会社は、すべて「特例有限会社」というものに移行しました。

 

これから会社を新たに設立しようとする人は、すべて株式会社です。

 

だからもう関係ないのですが、気になる向きもあると思うので、簡単にまとめました。

 

特例有限会社とは?

有限会社に対する移行措置として作られた株式会社のジャンルです。

 

改正会社法以降は有限会社はなくなって、法律的にはすべて株式会社になりました。

 

それを機に有限会社から普通の株式会社になった企業もたくさんありました。

 

しかし、そういう対応を望まない有限会社もたくさんありました。

 

旧法のもとでの有限会社のメリットを急に取り上げないでほしい。

 

看板、名刺など、社名が入ったものすべてを(有)から(株)に書き換えるのも多額のお金がかかる。

 

「将来的にはともかく、今すぐは」「自分の代で終わる会社なので」といった理由で、有限会社のままでいたい企業もたくさんあったわけです。

 

そういうわけで、法的には株式会社だが、「特例有限会社」という名の特例ジャンルが移行措置として作られました。

 

特例有限会社は、社名に株式会社と名乗ることが許されず、有限会社と名乗らねばなりません。

 

役員任期の法的制限がなく、決算公告の義務もないなどのメリットがあります。

 

デメリットは株式公開できない、吸収合併や吸収分割ができないといった点です。

 

簡単に言うと、複数の事業を展開し、会社を大きくしていこうとするなら、株式会社にならないといけない仕組みになっているということです。

 

有限会社は新設が許されていないので、今ある特例有限会社は今後は株式会社になるか、廃業するかして、将来はなくなるでしょう。

 

合名会社・合資会社とは?

合名会社とは全員が無限責任社員の会社です。

 

合資会社とは無限責任社員と有限責任社員からなる会社です。

 

廃止された有限会社と違い、この2つはまだ存在していますが、非常に古い会社形態であり、現存する会社数もわずかです。

 

新しく会社を設立する人には関係のない会社形態です。

 

新会社の顧問税理士を探すならココ