【おすすめサイト|会社設立のやり方】

税理士関連

顧問税理士情報

会社を設立したら、早めに顧問税理士を持ちたいものです。

 

確かに顧問料はかかりますが、それはあえて負担し、顧問のアドバイスをフルに経営に生かして行く方が会社は伸びます。

 

しかし、知人や親類の紹介で税理士を顧問に迎えるのはやめておきましょう。

 

税理士にもレベルの高い人と低い人がいます。

 

つまらない人と組んでしまって、それが知人や親類の紹介だと、簡単に切れなくなってしまいます。

 

まずは、あなたが税理士に期待できる仕事を理解すべきです。

 

そしてその中で何と何をどんなレベルで頼みたいのか、イメージを持つことです。

 

その上で広い範囲から候補を選び、ビジネスライクに選択できる方法を採用すべきです。

 

下記のサイトはそうしたことについて、非常に役に立つと思います。

 

顧問税理士の仕事とあなたに合う人の探し方

節税情報

会社を始めたら、常に節税を意識していく必要があります。

 

「経理や税金のことはよくわからない」と、経理担当者や税理士まかせにする社長も多いですが、怠慢の極みというほかありません。

 

会社の法人税と社長の所得税の両面から最適化を図ることは、社長の収入を最大化するカギでもあります。

 

そんな重要なことを人任せにしていよいはずはありません。

 

また、ムダな税金を払わずに会社の体力の強化のために使っていくかどうかは、会社の未来も左右するはずです。

 

その一方で、税務調査に備え、決して追徴課税などを食らわない、合法範囲内の限度もわきまえねばなりません。

 

こうした問題について有用な情報を提供してくれるサイトです。

 

企業と社長の節税に税理士を生かせ!

弁護士関連

交通事故被害者の損害賠償請求

交通事故被害に遭った場合、たいていは加害者が加入する任意保険会社の人が交渉相手になります。

 

しかし、この人は決してあなたの味方ではなく、保険金の支払いを極力抑えようとしてきます。

 

最低限の補償をする位置づけの自賠責保険にわずかに上積みしただけで済まそうとします。

 

被害者の側がしっかり勉強して、請求できる費目の小分けを理解し、それぞれ妥当な金額で請求しなければなりません。

 

ただ、にわか仕込みでは大変だし、深刻な負傷や後遺障害に悩まされている場合には勉強も容易ではありません。

 

そんな時には弁護士の利用をおすすめします。

 

あまり知られていませんが、弁護士が間に入るだけで治療費や慰謝料などが大きく増えることが多いのです。

 

下記のサイトは、交通事故被害者の損害賠償請求の概要から、その分野が得意な弁護士の紹介まで含んでいます。

 

交通事故被害・慰謝料の相場と増やす方法